2022.8月号vol.96

錦岡小学校・日新小学校・南高校で学校検診

5月は錦岡小学校と日新小学校へ、6月には南高校へ歯科健診に行ってきました。

当院には、それぞれの学校に通われている子ども達も通院していることから、とても身近な学校です。

苫小牧市の小学校では、感染予防対策として一時中断していたフッ化物洗口液を使ったうがいが6月より再開しました。

フッ化物洗口液の使用は、むし歯リスクを抑える効果があることから、以前のように子ども達のむし歯発生率は低く抑えることができることを期待しています。

しかし、マスク生活が長引くなかで、マスク着用時の息苦しさから口呼吸になってしまい、口呼吸が習慣化されている子どもが増加傾向にあります。

口呼吸は、お口の中を乾燥させてしうことから、むし歯や歯周病、口臭のリスクを上げてしまします。

また、マスクをするためお口のケアも疎かになる傾向もあります。

マスク時間は長くなっても、お口の健康を守る意識は失わずに生活していくことが大切です。