2021.10月号vol.86

この先の健康を守る口腔トレーニング

歳を重ねると全身の病気や歯を失うなどの要因によって、感覚、咀嚼(そしゃく)、嚥下(えんげ)、だ液分泌などの口腔機能が低下してしまう方がいらっしゃいます。

10年前、20年前に比べて、上表の項目に心当たりはないでしょうか?このような状態のままでいると、食べ物を噛むことや飲み込むことが困難になる「咀嚼(そしゃく)機能不全」「摂食嚥下(せっしょくえんげ)障害」に進行してしまう場合もあり、その前の段階を「口腔機能低下症」といいます。

10年前に比べると体力が落ちていることに気づくのと同じように、口の周りの機能も少しずつ低下していくため、ある日突然「口腔機能低下症」になるということはありません。

口腔機能低下症の予防のためにも、お口の周りの表情筋などを含めた筋肉トレーニングや、摂食嚥下機能を維持改善する口腔機能トレーニングが大切になります。

口腔機能低下症については、当院スタッフまでお気軽にお尋ね下さい。

2021.10月号vol.86

メジャーリーガー大谷翔平

アメリカメジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスで活躍する

大谷選手から目が離せません。

現在(8月19日)の大谷選手は、投打の二刀流で素晴らしい成績を更新し続けています。

特に、8月18日に投打同時出場した対タイガース戦では、第40号本塁打だけでなく投手として8勝目もあげ、その凄さを改めて感じました。

大谷選手の打球速度の平均は両リーグで唯一の100マイルを超える101.2マイル(約162.9キロ)を記録しているそうです。

2013年に日ハムに入団し、その年から二刀流でデビューした大谷選手ですが、メジャーリーグでの二刀流に期待はしても、ここまでの活躍を予想できた人は多くなかったと思います。

皆さんが、このさくら通信を読まれる頃には、さらに記録を更新していることを期待したいと思います。

2021.10月号vol.86

大谷選手も実践していたマインドマップ

有名な話ですが、大谷選手は高校時代に「8球団からドラフト1位指名」という目標を立て、その目標に向かうために必要なことを図にしていました。

このような図をマインドマップなどと呼びますが、近年では多くの企業でも取り入れられています。

マインドマップは、1960年代にイギリスのトニー・ブザンが考案したもので、頭の中にある思考や連想されていくことを「見える化」するための仕組みです。

マインドマップは、創造性を高め、記憶や学習、発想などに高い効果を発揮すると言われており、一目で自分のやるべきことが把握できるツールのため、仕事、勉強会など日々の生活の中で活用してみてはいかがでしょう。

マインドマップは、もちろんノートに手書きで作成することもできますが、作成を分かりやすく進めることができる無料アプリもたくさんありますので、目標がある方や考えがまとまらない課題がある方は、是非お試しください。