2021.9月号vol.85

新型コロナワクチン接種を終えて

先日、新型コロナウイルス(COVID-19)ワクチン接種(2回目)を受けてきました。

ワクチン接種後の副反応については、ご心配される方も多いのではないでしょうか?

副反応は、2回目の接種後に多くあり、大半の方は接種して5時間後くらいから倦怠感や腕の痛みを感じ、中には37度くらいの微熱から39度くらいまで発熱する場合もあります。

接種翌日の夜に体調が回復するケースが多いようですが、私(院長五十嵐)は、1回目接種の際には体調の変化などはありませんでしたが、2回目接種後は、38度くらいの発熱がありました。

副反応には個人差があるので、2回目のワクチン接種翌日はできるだけスケジュールは空けておいたほうが良いかもしれません。

現在、新型コロナワクチン接種は、世界199カ国で始まっており、EU諸国は18.8億回分のワクチンを契約済みで、アメリカは1カ国で12.1億回分を押さえています。

経済的に劣る国では接種が遅れていますが、新型コロナウイルスが、早く安全に収束することを願うばかりです。

6月28日現在