2021.9月号vol.85

口腔健康を知る資料

歯科医院に通院している中で、お口の検査などを受けたあと検査結果の説明を聞いてもあまり理解できなかったという経験はないでしょうか?

当院は、このように検査や治療についての説明が分からないということがないように、丁寧な説明を心がけております。

しかし、お口の健康状態や問題がある歯についての説明は複雑で限られた時間の中で全てを記憶することは難しいことと思います。

そこで当院では、お口の検査結果やお口の状態をわかりやすいイラストなどを使用して解説し、ご自宅にお持ち帰りができる検査結果資料をお渡しする取り組みを始めました。

資料には、検査結果などを詳しく記載していますので、ご自宅で鏡を見ながら、どこの歯がどのような状態かを正しく確認することができ、必要に応じて撮影した口腔内写真やレントゲン画像を掲載することもあります。

初めて来院された方や数年ぶりに来院された方には、まずお口全体の状態を検査させて頂き、後日検査結果資料をお渡し致します。

皆さんが、自分自身のお口の環境や健康状態を知ることが、お口の健康を支えていく大切な一歩となる診療を目指します。

2021.9月号vol.85

子供の呼吸と発育

「口腔機能発達不全症」という言葉を聞いたことはありますか?

「口腔機能発達不全症」とは、口腔機能の「食べる」「話す」「呼吸する」という運動が発育の遅れから正常に機能していない状態のことを言います。

近年では、ご飯を奥歯でしっかり噛んで食べることができない、お口がポカンとあいていることが多い、鼻ではなく口で呼吸しているなどの子どもが増加傾向にあります。

口腔機能発達不全症の要因の一つに、食事の変化があげられます。

昔のように噛み応えのある食事は減り、口の大きさに合わせたひと口サイズの食べ物が中心になることで、顎の運動が減ってしまい口腔機能の発育の機会が失われています。

「しっかり噛めない」「呼吸がしづらい」などは、お子様自身が自覚して訴えることは難しいため、食習慣や鼻呼吸を意識した生活を心がけていくことが大切です。

2021.9月号vol.85

新型コロナワクチン接種を終えて

先日、新型コロナウイルス(COVID-19)ワクチン接種(2回目)を受けてきました。

ワクチン接種後の副反応については、ご心配される方も多いのではないでしょうか?

副反応は、2回目の接種後に多くあり、大半の方は接種して5時間後くらいから倦怠感や腕の痛みを感じ、中には37度くらいの微熱から39度くらいまで発熱する場合もあります。

接種翌日の夜に体調が回復するケースが多いようですが、私(院長五十嵐)は、1回目接種の際には体調の変化などはありませんでしたが、2回目接種後は、38度くらいの発熱がありました。

副反応には個人差があるので、2回目のワクチン接種翌日はできるだけスケジュールは空けておいたほうが良いかもしれません。

現在、新型コロナワクチン接種は、世界199カ国で始まっており、EU諸国は18.8億回分のワクチンを契約済みで、アメリカは1カ国で12.1億回分を押さえています。

経済的に劣る国では接種が遅れていますが、新型コロナウイルスが、早く安全に収束することを願うばかりです。

6月28日現在